2020年08月05日

どんぶら子猫(6)

 幸か不幸か、、、。
 令和2年現在、新型コロナ禍で仕事は少なめ。
 
 始業開始後も業務は多忙でなく時間的に余裕がありました。
 事務長が近所のホームセンターへ買い出しに出かけました。

 救助した運動神経の良いスタッフはワンチャン派です。
 事務長と一緒にシャンプーをしてました。
 そのスタッフのお家にはラブラドールが居てました。
 子猫は1kg足らず。手のひらサイズです。

「手のひらに乗るペットって言うのが不思議〜!」
 ラブラドールは老犬でも25kg以上はあります。

74AAFCBC-2755-4CA8-8DF8-E563C11270D7.jpeg
posted by ぬかブー at 06:53| 大阪 ☁| Comment(0) | ドンブラコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

どんぶら子猫(5)

「ノミは普通の石鹸で軽く洗ってあげてください。」
「ノミ取りはウチでさせてもらいますよ。」

 その事を告げると 女性スタッフたちは一安心。
 で、その後の話があがってきました。

 大将は、猫は好きではなかったのです。
 というのは、5歳頃に住んでいた家で庭に野良猫がフンをしてたからです。
 そのウンチを始末をするのが日課になっていました。
 で、その強烈な匂いが強く記憶に残っていたからです。

 そんな中、大将は猫の様子を改めて見直しました。
 不覚というか迂闊というか「可愛いなあ…」と心の中で思ってしまいました。

0C3CF391-1C28-436E-AE0F-DEA12DE89ACC.jpeg
posted by ぬかブー at 22:37| 大阪 ☔| Comment(0) | ドンブラコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

どんぶら子猫(4)

「大将の友達の獣医さんに電話かけて!」
 ちょうど大将も連れの獣医さんの事を思い付いていました。

 少し冷静になってきた大将。
 で、獣医さんに相談した後のことも考えていました。
 今は救命が第一順位です。
 その後の命のリレーをどうするかってことを考えていました。

 獣医さんに電話しましたが、始業前で繋がりません。
 先生のメッセンジャーへ連絡しました。

「溺れている子猫をスタッフが救出しました。」
「少し震えています。ノミもついてる様です。」
「どうすれば良いか、ご教授ください。」

 間も無く、返事が届きました。

768082EA-6E95-47E5-8F6F-8BB02941C6FE_1_201_a.jpeg

 
posted by ぬかブー at 06:56| 大阪 ☁| Comment(0) | ドンブラコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月21日

どんぶら子猫(3)

 ビルの階段室で子猫を介抱していたようです。
 大将の事業所は3階建てのビルの1階。

 午前9時前、他の事業所の職員さんも出勤されてきます。
 みんなが朝から騒いでるんで気になりますよね。
「どうしたんですか?あ、子猫ちゃんじゃないですか!」
「川でおぼれてたんです。」
「ホットパック、持ってきます。」
 リハビリテーションを行っている事業所。
 ホットパックを貸してくれました。

 そんなことが進行しているとは知らない大将。
 大将はこれまで猫を飼った経験がありません。
「どないしたらええんや???」
 頭の中は「?」で真っ白でした。

89937D89-4E85-48EB-8DFE-5C23876D35E6.jpeg


 
posted by ぬかブー at 08:26| 大阪 ☁| Comment(0) | ドンブラコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

どんぶら子猫(2)

 朝の始業前。
 職員出入り口が騒がしくなりました。

 第一発見者のスタッフが大将のとこへ
「子猫は溺れていたんで救い上げて連れてきました。」
「どうしたらいいですか?」

 大将の頭の中に「?」マークが飛び交いました。
 大将の奥さんの事務長も既に出勤されていました。
 報告を受けるや否や直ぐに子猫の元に駆け寄って行きました。

 始業の準備と子猫の介護に別れて朝からテンヤワンヤです。

57B5E383-AFAC-49AB-AF62-32B188EB8423.jpeg
posted by ぬかブー at 09:26| 大阪 ☁| Comment(0) | ドンブラコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする