2020年12月06日

道の上から、ニャー(11)

A3C7017F-36A2-455C-85BE-CD2965EB2BB0.jpeg


 名前を考えました。
(オ)「名前どうする?」
(事)「お父さんの生まれたカナダの国旗に因んだ名前がええかな。」
(オ)「メープル?あっ!『楓』か。」

 桃と楓。
 男の子と女の子の義兄妹ということです。

 楓に食事を与えてみました。
 食べなかったら、点滴に連れて行く心構えはできてます。
 すると、最初は匂いを嗅いで警戒して様子でしたが、小さな口でペロッと舐めました。
 味が気に入ったのか、少しずつ食べ始めました。
 桃の食べる量の半分くらいで疲れたようでした。

 食べるということは生きたるという力です。

(オ)「急に家族が増えたなあ。」
(事)「頑張ってくださいね。」


posted by ぬかブー at 16:39| 大阪 ☀| Comment(0) | ドンブラコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

道の上から、ニャー(10)

7A623CD9-456E-4D87-AFE9-2C754394D55B.jpeg


(獣医)「先輩、猫好きなんですか?」
(オ)「んなことなかってんけどなあ、不思議やわ。桃で来て変わったかもな。猫付いてるわ、、、。」

 子猫を片手で持ち上げて診察してくました。
(獣医)「ちょっと栄養障害がありますね。」
(獣医)「少しゼロゼロいってますわ。」
 気管支炎か肺炎の初期症状と栄養障害という診断でした。

(獣医)「点滴と去痰剤の注射と内服を出しておきます。」
(獣医)「食欲が出ずに明日の朝も元気ないようでしたら、点滴に連れてきてください。」

 軽症ではないということです。

 三毛の子猫を家に連れて帰り、事務長に病状を報告しました。
 黙って聞いてました。

 けど、点滴をしてもらった効果があったようで少し元気が戻ってきたようでした。
 
posted by ぬかブー at 22:11| 大阪 ☀| Comment(0) | ドンブラコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする